体調管理

時間のマエストロ〜パート1〜

更新日:

時間のマエストロになるために

時間についてどのような認識を持っていますか?

 

「みんなに平等なもの」

 

「1日24時間」

 

「楽しい時はあっという間で退屈な時はなかなか時間がすぎていかない」

 

「足りないもの」

 

などがあなたの時間の認識ではないでしょうか?

 

もちろんこの認識は間違いではありません。

 

しかし、もしあなたがもっと上手に

時間を使うことができたのならば、

 

この先の一つの仕事が、

 

勉強が、

 

部活が、

 

進路が、

 

結果が、

 

人生

 

変わっていくのではないでしょうか。

 

前置きはこの程度にして

 

早速本題に入っていきましょう。

 

3という時間

 

3という時間を聞いた時

何を思い浮かべますか?

 

僕はこの二つが思い浮かびました

 

「ウルトラマンの限界時間」

 

「カップラーメンの待ち時間」

 

皆さんもこのようなことが

思い浮かんだのではないでしょうか。

 

今回は私たちの現実的な生活の中で関わりのある

カップラーメンの3分間について考えてみましょう。

 

想像してみてください。

 

お湯が湧いている状態であったとして、

 

カップラーメンにお湯を入れました。

 

さあ、出来上がるまで待ちます。

 

カップラーメンができるまで

あなたは何をしていますか。

 

できるまで

 

テレビをぼーっとしながらみる

寝転がって携帯ゲームをする

漠然と出来上がるまでカップラーメンを見る

 

これらを想像してしまった方

今日から改善していきましょう。

 

3分を有効に使いましょう。

スポーツをやっている方が多いと思うので、

体幹トレーニングに当てる。

筋トレに当てる。

動体視力のトレーニングに当てる。

 

これらの時間に当ててみてはどうでしょうか。

 

24時間の区切り方

24時間をどのように分けていますか。

 

僕は

睡眠6時間

食事2時間

仕事8時間

自由時間6時間

移動時間2時間

 

大きく分けるとこのようになりました。

 

自由時間が6時間もあるのです。

 

移動時間に関しては

電車やバスを利用しているので

その時間も自由と言っていいでしょう。

 

この時間を決めたのは僕自身です。

 

住む家、仕事先なども自身が決めたことです。

 

さあ、僕には8時間の自由があるわけで、

その時間をトレーニングや本を読む時間、

リラックスする時間と

分けて使っています。英語の勉強もしていますが。

 

このように自分が使うことのできる時間を

分けるのです。

 

自分の24時間を区切ってみてください。

 

案外自由な時間が多いはずです。

 

中高大学生であれば、

家を決めることはできませんが、

学校を決めることは可能です。

 

自分の頑張り次第で選択肢の幅を

決めることができます

 

「しかない」、「もある」の違い

 

「しかない」「もある」

どちらが良いか明確にわかりますよね?

 

もちろん

「もある」です。

 

どこに違いがあるのでしょうか?

 

「しかない」は精神的に

自分自身を追い込んでいっているイメージですね。

 

逆に

「もある」は精神的余裕があって

良い結果、良い進行がなされる考え方です。

 

時間においても同じで

「もある」と考える

時間的余裕を作ることで

 

普段よりも密度の濃い

時間を過ごすことができます。

 

同時進行術

同時進行をすることによって

得られる利益は

 

利益

短い時間で複数のことを

無駄なくこなせること

 

回転率をあげること

 

 

他にも挙げたらキリがないですが、

大まかには上の2点です。

 

同時進行をこなすために必要なことは

 

「慣れる」

 

ということです。

 

慣れるためには

 

量をこなしていくことが大切です。

 

例えば料理を作る時に

 

最初は一品ずつしか作れないと思いますが、

 

慣れたら、一品作っている間に

もう一品を作ることができるようになります。

 

これが時間を効率に使うことに役立ちます。

 

今あなたができることは、

テレビを見ているのなら

 

その時間に同時進行として

 

握力を鍛えたり、

体幹をやったり、

筋トレをやりながら見る

という習慣をつけてみてください。

 

今日のポイント

・時間のマエストロになるために

自分の時間の認識を理解する

 

・24時間の区切り方

自分の24時間を区切って

自由な時間を把握する

 

・「しかない」「もある」の違い

精神的余裕が生まれ時間に余裕が持てる

 

・同時進行術

「慣れる」ことを意識して

二つ以上のことを同時にやる

スポンサーリンク



-体調管理

Copyright© カラスポ , 2019 All Rights Reserved.