ソフトボール 種目別練習 野球

守備の基本が意外な方法で手に入る?〜硬式野球〜

投稿日:

なぜ基本の姿勢・形があるのか?

あなたは守備の基本は

「こういう形だ」

と指導者に小学生の頃野球をやっていたなら

言われたことあると思います。

 

もちろん中学野球でも

教えてもらったのではないでしょうか?

 

でも、疑問に思いませんでしたか?

 

なぜこの形が基本なのかということに。

 

小学生の頃は疑問に思わずに、

大人の言うことは

絶対だと思っていたかもしれません。

 

今小学生ならば、

そうなのかもしれません。

 

もちろん今の形は

一般的に正しい姿勢であることに

間違いはないと僕自身思っています。

 

基本の理由がある理由は

 

確率が高く安定した捕り方であり、

前に落としやすく、

捕ってから投げやすいから。

 

他にも細かくはあるのですが、

これくらいにしておきます。

 

基本の捕り方

基本の捕り方を紹介すると、

右投げの場合を例に上げるのですが、

左足の前でグローブを立ててとるのが

一般的な捕り方です。

この時に前のめりになってしまったり、

逆に体が起きすぎていてはいけません。

 

ここで気づいて欲しいのですが、

 

グローブをはめた左手の肘が

少し曲がっているという点です。

 

このようにするのには理由があって、

イレギュラーが起きた時に左手に余裕があって

対応できる、反応できるということです。

前のめりになってしまうと

腰が上がって上体が起きて

トンネルをしてしまったり、

ボールを怖がってしまう要因となります。

 

逆に体が起きすぎていても

同じようにトンネルする確率が上がります。

 

現在、プロの選手でさえも同じように

捕り方の基本の形は

ほとんど同じなのです。

 

自分の形を鏡をみて確認してみましょう。

 

この練習が守備を上達させた?

僕の経験からどんな練習が守備を上達させたかというと

静止しているボールに対しての

捕球までの足の運びかたと

 

ソフトボールで実際に生きた打球を

内野でとるということである。

 

なぜこれが僕の守備を上達させたのか述べると

 

当たり前なのだが、

速い打球に対して

瞬時の判断が要求されると共に

 

あまり打球がはねないために

自然と低い姿勢になっていくという点である。

 

ぜひ一度試してみて欲しい。

 

今日のポイント

 

・基本の形を作る

それには様々な理由がある

 

・基本の姿勢をしっかりと理解して、鏡などを活用して

いい形を作ろう

 

・オススメ練習

ソフトボールで守備をやる。

基本の捕り方になるように

静止したボールへの足の運び方に気をつけよう

スポンサーリンク



-ソフトボール, 種目別練習, 野球

Copyright© カラスポ , 2019 All Rights Reserved.