ソフトボール 種目別練習 野球

腰を落として捕れ!というのは間違いだった?

更新日:

指導者の間違い?

「腰を落とせ!」

という怒声が

グラウンドに響いている

こんなシチュエーションを

よく目にします。

 

自分も昔よく

そんなことを言われていたな

と思います。

 

当時は小学生のころだったのですが、

 

「はい!!!」

と大きな声で返事をしていました。

 

本当に理解していたかわかりませんが(笑)

 

それでそのあと、

ノックを打ってもらって

捕球をしたんですけど

 

また

 

「腰が高い、腰を落として捕れ」

 

って怒られるんですよね。

 

でも、どうしたらいいのかわからない。

 

なぜできないのでしょうか?

指導者が

 

「腰を落として捕れ」

 

抽象的な教え方をするからです。

 

次の画像を見て欲しいのですが

左の赤い帽子の子も

 

手前の黒い帽子の子も

 

手前の白い帽子の子も

 

みんな腰を落としていると言っても

間違いではないのです。

 

でも指導者は

「腰を落として捕れ」

と言うのです。

 

それではどうやって

腰を落としたらいいのでしょうか?

本当の体の使い方

腰を落とすためにはいくつかのポイントがあります。

(右投げの場合)

打球に対して全力で走る

タイミングを合わせるために小刻みに足を運ぶ

右足の股関節の付け根に力を入れ体重をかける

左足のかかとをボールの方向へつける

低い姿勢ができる

左足のつま先を下ろすと同時にボールを捕る

 

左投げの場合は逆足で大丈夫です。

 

このように具体的に教えてもらえたら

 

腰を落とすことができるのです。

 

抽象的に教えられると

どうしても理解は難しいですよね。

 

勉強だったら

「勉強しろ!」

って言われて

 

どうやってやるか教えてもらえないのと

一緒なんです。

 

だからこそ

具体的に教えてあげること、

具体的に理解することが大切です。

今日のポイント

・指導者の間違い

抽象的に教えてしまうということ

・本当の体の使い方

右投げの場合は右足の股関節が重要

スポンサーリンク



-ソフトボール, 種目別練習, 野球

Copyright© カラスポ , 2019 All Rights Reserved.