生活 種目別練習

「成長力」をつけるためには?

投稿日:

「成長力」とは?

「成長力」とはなんなのでしょうか?

言葉の通り、成長する力です。

 

小学生のころを思い出してください。

 

常に成長していましたよね?

 

身体の成長、頭脳の成長、体力の成長などなど。

中学生でもそうですし、高校生でもそうです。

大学生にも同じことが言えますね。

社会人にも当てはまりますね。

 

人は常に成長しているのです。

 

でも人によって成長速度が違いますよね。

 

その成長速度の差を

どうにかして埋めていきたい!

 

っていうのが

本音なのではないでしょうか?

 

その本音を埋めるべくしてある一つの

方程式を立てました。

 

これはスポーツにも仕事にも日常生活においても

とても重要なことだと思うのでしっかりと

頭に叩き込んでいきましょう。

 

成長力の方程式とは?

早速、方程式について紹介していきますね。

本能(直感)× 思考力(観察力)=成長力

ズバリこの方程式です。

僕自身、身をもって経験してきたので

おおかた間違っていないと思います。

 

どのようにこの二つの力を把握し、

鍛えていくのでしょうか?

本能(直感)を鍛えるためには?

本能の説明に関して、

本能(ほんのう)とは、動物人間を含む)が生まれつき持っていると想定されている、ある行動へと駆り立てる性質のことを指す。

(引用元 ウィキペディア  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E8%83%BD )

このようにWikipediaで説明してありました。

僕が注目したのは

「ある行動へと駆り立てる性質」

この部分なのですが、

 

要するに、

感じるままに

行動してしまうということです。

これを鍛えていくには、

感じるままに行動してしまったことや、

駆り立てられたことを

ノートに書き残していくということです。

 

この積み重ねが、

直感に磨きをかけるようになります。

 

思考力(観察力)を鍛えるためには?

思考力を鍛えるためには普段から

 

今から何をして

 

どう取り組むのか

 

結果どうだったのか

 

その次はどうするのか

 

この一連の過程を意識して

何事にも取り組むことが大切です。

 

野球のたとえになってしまいますが、

走塁の練習をするとします。

 

次の塁を狙い

 

成功したら

次はもっと確実性を高めることを

意識して取り組む

 

失敗したら、

内外野の位置の把握の仕方や

スタートをきるタイミングを

次は直していく

 

こういった思考回路を作っていくことで

相手の癖に気づいたり、

即座に次はどうする

というのがわかるようになります。

 

この繰り返しがより高度な次元へとの

成長を催してくれるのです。

 

なぜ?

 

どうする?

 

この二つを

常に意識してやっていきましょう。

 

今日のポイント

・「成長力」とは?

本能(直感)×思考力(観察力)

 

・本能(直感)を鍛える

感じるままの行動をノートに書き留める

 

・思考力(観察力)を鍛える

行動→結果→分析→再行動

 

スポンサーリンク



-生活, 種目別練習

Copyright© カラスポ , 2019 All Rights Reserved.