ソフトボール 野球

キャッチャーとは?

更新日:

キャッチャーをやらない理由?

キャッチャーって基本的に

やりたがらない人が多いですよね。

なんでキャッチャーを

やりたがらないのでしょうか?

 

まず一つに

「防具をつけるのが嫌だ」

誰かがつけたやつで臭いし、

汚いしって理由があるのかと思います。

 

もう一つは

「とにかく暑いし、動きづらい」

これはどうしようもないですが、

この暑さに耐えるのが厳しいんですよね。

 

キャッチャーの利点

キャッチャーをやる利点をお伝えしますね。

 

利点①

キャッチャーをやると足腰が強くなり、肩が強くなる

 

利点②

配球を読みやすくなり、打率が上がる

 

利点③

チームの司令塔として試合を動かせる

 

利点④

投手の次にボールを多く触ることができる

 

利点⑤

盗塁を阻止できる。

 

利点⑥

防具を外した時の爽快感を得られる

 

利点⑦

観察力がつく

まだまだ利点はたくさんありますが、

全部あげたらきりがないのでこのくらいにしますね。

2つのタイプ

キャッチャーには大きくわけると二つのタイプに分けられます。

 

どっちが正解というのはないので安心してください。

 

体格、パワーに申し分ない、がっちりタイプ

体つきがよく、

ホームランを打てるパワー、

強肩であり、

投手の大きな的となれるような

タイプのキャッチャーです。

 

プロ野球選手の中で例えるなら、

元阪神タイガースの城島選手

現巨人の阿部慎之助選手

などですね。

 

 

体格はさほどだが、細かいことに気づける、頭脳タイプ

体つきはそこまでよくなくても、

リードがうまく、キャッチングが上手く、

相手の選手の動きをみて

状況判断をする能力の優れたキャッチャーです。

 

元プロ野球選手では

元ヤクルトの古田選手

現楽天の嶋選手

などですね。

 

あなたはどちらのタイプですか?

 

先ほども言いましたが、

これだけが正解ではないので、

気になったら参考にしてみてくださいね。

 

今日のポイント

・キャッチャーをやらない理由

暑い、防具が臭いなど

 

・キャッチャーの利点

キャッチャーをやりたくない理由以上に

大きなメリットがたくさんある。

 

・2つのタイプ

パワータイプ

頭脳タイプ

スポンサーリンク



-ソフトボール, 野球

Copyright© カラスポ , 2019 All Rights Reserved.