トレーニング 思考力 生活 種目別練習

反復練習を簡単に継続できるようになる方法

投稿日:

反復練習をする必要性はどこにある?

「反復練習」または「繰り返し練習する」ということを耳にしたことはありますか? 

私はスポーツにおいても勉強においても小さい頃からよく両親・先生・コーチから言われてきました。

それで言われるがままに反復練習を時折サボりながらもやってきました。だいたいの人がこんな感じではないでしょうか?・

なんで反復練習をするんだろう?と考えるきっかけがあり、いくつか考え出してみました。

 

反復練習をする必要性

できないことをできるようにするため

体や頭に覚えさせる

忍耐力をつける

これくらいが思いついたのですが、他にもっと重要なことがあるのではないかと考え、いろいろと調べてみました。

 

調べていくうちに、上にあげた点よりも重要なことがわかってきました。

習慣化し、無意識化する

この点がなぜ重要なのでしょうか?

 

習慣化し、無意識化すること

習慣化

習慣化するとはどういうことなのでしょうか?

反復練習において問題となるのは

めんどさい、だるい、明日でいいか、昨日やったし

などのマイナスな思考になってしまい、結局2、3日やって1週間、1ヶ月とやらなくなってしまうことです。

いわゆる「三日坊主」になってしまうのです。

だからこそ習慣化することが大切なのです。1週間ではなく、日常の当たり前にする。

小さい目標から少しずつ大きな目標に変えていくことが有効です。

 

無意識化

無意識化とは自分が考えなくてもその動作ができるようになる状態のことを言います。

例えば、朝起きるとき同じ時間に寝たらだいたい同じ時間に起きるということが無意識に行われる状態です。

スポーツでは無意識化することによって、無意識化状態になる前には見えなかった視点や、

新たな考え方を身につけていくことができると考えられます。

よくプロのアスリートが「体が勝手に反応しました」ってインタビューに答えてますよね。

この状態まで持っていけると良いのではないでしょうか。

 

反復練習を簡単に継続できるようにする方法

それでは反復練習を継続できるようにする方法はなんでしょうか?

そんな方法はありません。

おいおい、ここまで読んできてそれはないだろ

って思ったかもしれません。

ちゃんと用意してありますよ!

 

1、反復練習に一工夫を入れて楽しいものに設定する

反復練習において最初に取り除かなければならない問題は

だるい、めんどくさいなどのマイナスなイメージです。

このマイナスなイメージを取り除かないと人は行動できません。

 

その反復練習に自分なりに一工夫入れて楽しいものにしてしまうことが一つ目のポイントです。

例えば、一回ごとに試合の場面を想定して最高のプレーをイメージしたり、反復回数ごとにご褒美を設定してもいいでしょう。

 

2、反復練習する時間を設定する

自分の予定の中で反復練習する時間を設定するためには、

普段の生活の中で何かを我慢しなければいけません。

その我慢の基準ですが、我慢するものと、反復練習をして得られた達成感とどちらが大きいかで決めていきましょう。

最初から長時間とってしまうと続けにくくなるので、まずは短い時間でやっていくと良いでしょう。

 

3、長期目標と短期目標を設定する

反復練習をしていく上で、目標がなければモチベーションは保たれません。

なので短期的には1週間で「〜〜〜〜〜」

長期的には1ヶ月〜1年で「〜〜〜〜〜」という目標をたてていきましょう。

常に自分をチェックしてあげることも忘れずに。

 

まとめ

今日のまとめです。

・反復練習する必要性

・習慣化し、無意識化する

・反復練習を簡単に継続できるようにする方法

楽しい時間にする

時間を設定する

長期と短期の目標を立てる

スポンサーリンク



-トレーニング, 思考力, 生活, 種目別練習

Copyright© カラスポ , 2019 All Rights Reserved.